そもそも更年期ってどういう状態?

一般的に更年期と言えば45歳~55歳くらいまでの間のことを指します。
ただ、個人差もあるので多少前後します。月経の周期がだんだん崩れてくるころからホルモンのバランスがくすれていろんな不快症状が表れます。

これが、更年期の症状です。この症状がひどすぎて日常生活ままならない状態が更年期障害です。

日常生活が送れない状態であれば、早めに婦人科や更年期外来で治療を受けた方がよいです。

更年期については、最近になってだいぶ一般的になってきましたが、まだまだ一人で悩んでふさぎ込んでしまう女性が多くおられます。
全く1人で悩む必要はないので、気軽に婦人科に足を運んで受診しましょうね。

「更年期なんて気の持ちようで乗り切れる」と根拠のないことを言う人もいますが、症状は人それぞれで、重い、軽いもあります。
気の持ちようで乗り越えられるのは比較的、症状が軽い人です。重い人は起きてることも辛いくらいの人もいます。

自分を責めないで早めに婦人科に行くようにしてくださいね。